2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.04.22 (Wed)

音程を全身で感じよう

唐津市和多田の吉田知佳ピアノ教室です。

昨日のレッスンでは、音程の勉強をしたKちゃん。

鍵盤の隣どうし、五線の隣どうし、ドレミの隣どうしは2度。

ひとつ飛ばして3度、ふたつ飛ばして4度、3つ飛ばして5度を勉強しました。

布鍵盤の上を歩いて全身で音程を感じて
「5度は遠いね~、大股で歩かないと行けないね~」と話しながら。

音が跳ぶということは、エネルギーが要るのだということを体で感じてくれたみたいでした。

そして、鍵盤や五線、音符の階段でも
音程を理解しました。

レッスンが終わると
大股の5度で歩いて帰ってました(笑)

5度は、音符で言ったらドからソまでです。
別に何にも難しいことではないので
口で説明すれば分かることだけど

布鍵盤の上を自分の足で歩いて、5度は2度よりエネルギーが要ることを体感することで
曲を弾くときにそれを表現しようとしますよね。

実際、Kちゃんも鍵盤で弾くときに「よいしょ!」と言ってました。

そこには、Kちゃんが歩いて感じ取った5度の世界のイメージが広がっています。

ド~ソ~と弾くときに
イメージがあって弾くのと、ただ弾くのでは大違い!

こういうひとつひとつの小さなことが集まると
短い曲でもその1曲の中で広がるイメージの世界は大きく膨らみます。

大切なことは体を使って心を動かして覚えさせる。
色んな角度から繰り返す。

そうすることでしっかり身につきます。

生徒たちが充実した成長を積み重ねられるレッスンを毎回続けていきたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト
23:44  |  ピアノレッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tomokapiano.blog.fc2.com/tb.php/410-fbfa7396

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |