2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.03.23 (Sat)

ついつい練習しちゃう宿題の出し方

レッスンで大切にしているのが
自分で考えること
自分で気づくことです。


はじめから指示するのではなく

『ここは、どんな感じなのかな?』
『この音、よく聴いてみよう。』

というような問いかけをして

受け身のレッスンにならないように
心がけています。


宿題を出すときでも
『考えながら弾いてね』と言っても

生徒は
なかなかできないです。

とくに
新しい曲に進んだときは

音符を追いかけるだけになりがち。

聴いたことのない曲だと
曲のイメージもつかめず
譜読みが進まなかったり…(-_-;)

そこで

【書く】宿題を出すときがあります。


【メロディラインにしるしをつけてくる】

【同じフレーズをみつけてしるしをつけてくる】

【曲が一番盛り上がるところをみつけてしるしをつけてくる】

【曲に題名をつけてくる】

など
曲の種類やレベルに合わせて

何かしらのクイズを宿題に出します。

そうすることで
クイズの答えをみつけようと

楽譜をじっくり読むし
たくさん弾くことにつながります。

そして
生徒が自分で考えて気づくためのヒントでもあります。


小さなことですが
書くことがポイントかなと思っています。

楽譜に書くわけですが

書くとなると間違えたくない心理が働きませんか(^.^)

そしたら
真剣さも増すはず。

それに
やったかやらなかったかが明確!


たくさん弾いてきてほしいときに
『たくさん弾いてきてね』と言うだけなら

先生じゃなくてもできるよねー。

たくさん弾いてきてほしいときに
『たくさん弾いてきてね』と言わないで

たくさん弾いてくるように仕向けるのが
先生の役目かなぁとか

思ったりしています。

また、その方法を考えることを
わたし自身楽しんでいます♪
関連記事
スポンサーサイト
12:44  |  練習サポート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tomokapiano.blog.fc2.com/tb.php/153-ac3e3252

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |