2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013.03.26 (Tue)

一度寝かせると熟成する?

先月、試験で弾いたソナタを
また来月、弾くことになった生徒ちゃん。

試験が済んでからは
別の曲をレッスンしていました。

約1ヶ月半経っています。

一度仕上げた曲を
しばらく経ってからまた弾くと
さらによく仕上がりますよね。

久しぶりに弾くと新鮮で

前は聴けていなかった音が聴こえてきたり

気づいてなかったことに気づけたり。

少し客観的に曲をながめられるような感じ。

繰り返し同じ曲と向き合って勉強すると
深みが出ますね。

新しい曲を次々やるのも楽しいけど
ひとつの曲を深く追究するのも楽しい(*^^*)


さて
来月の本番までに
曲にどんな輝きをプラスできるかな♪

楽しみです♪♪
スポンサーサイト
20:08  |  生徒の成長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.25 (Mon)

生徒の顔

新米のころは
気持ちに余裕がなくて

レッスンのとき
わたしの視線は

楽譜と
生徒の手や体とを

行ったり来たり。

それだけで精一杯だったように
思います。

でも
あるとき、ふと気づきました。

生徒の顔を見てないなぁって。

それからは
生徒の顔を見るようにしよう!
って思いました。


一生懸命弾いている顔。

わたしの話を聴いている顔。

表情から読み取れることって
たくさんあります。

レッスンについてこれてるかな?

楽しんでくれているかな?

疲れていないかな?

【相手の目を見て話しましょう】

コミュニケーションの基本ですね♪

生徒の顔をちゃんと見て
生徒の気持ちに寄りそうことを
忘れないでレッスンしよう(*^^*)
00:12  |  歩み  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.23 (Sat)

ついつい練習しちゃう宿題の出し方

レッスンで大切にしているのが
自分で考えること
自分で気づくことです。


はじめから指示するのではなく

『ここは、どんな感じなのかな?』
『この音、よく聴いてみよう。』

というような問いかけをして

受け身のレッスンにならないように
心がけています。


宿題を出すときでも
『考えながら弾いてね』と言っても

生徒は
なかなかできないです。

とくに
新しい曲に進んだときは

音符を追いかけるだけになりがち。

聴いたことのない曲だと
曲のイメージもつかめず
譜読みが進まなかったり…(-_-;)

そこで

【書く】宿題を出すときがあります。


【メロディラインにしるしをつけてくる】

【同じフレーズをみつけてしるしをつけてくる】

【曲が一番盛り上がるところをみつけてしるしをつけてくる】

【曲に題名をつけてくる】

など
曲の種類やレベルに合わせて

何かしらのクイズを宿題に出します。

そうすることで
クイズの答えをみつけようと

楽譜をじっくり読むし
たくさん弾くことにつながります。

そして
生徒が自分で考えて気づくためのヒントでもあります。


小さなことですが
書くことがポイントかなと思っています。

楽譜に書くわけですが

書くとなると間違えたくない心理が働きませんか(^.^)

そしたら
真剣さも増すはず。

それに
やったかやらなかったかが明確!


たくさん弾いてきてほしいときに
『たくさん弾いてきてね』と言うだけなら

先生じゃなくてもできるよねー。

たくさん弾いてきてほしいときに
『たくさん弾いてきてね』と言わないで

たくさん弾いてくるように仕向けるのが
先生の役目かなぁとか

思ったりしています。

また、その方法を考えることを
わたし自身楽しんでいます♪
12:44  |  練習サポート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.22 (Fri)

復活♪

おとといは
県立高校一般入試の合格発表でした。

1月からレッスンをお休みして
受験勉強頑張っていたRちゃんから
合格の報告(*^^*)

おめでとうッ!!

よくがんばったねー♪

そして
4月からレッスン再開しますとのことでした。

また大好きなピアノが
たくさん弾けますね♪

わたしもRちゃんとのレッスン
また楽しみにしています(^-^)/
00:04  |  生徒の成長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.20 (Wed)

『こころの小箱』

昨日は
樹原涼子先生の
『こころの小箱』レクチャーコンサートに
出かけました。

『こころの小箱』は
ひとつひとつの曲は短くて
譜面を見ると
一見、簡単そうに見えます。

でも
だからこそ
難しい。


一音一音を
ていねいに深く深く掘り下げて考え

心を寄せるようにして
全神経を集中させて弾く。

ペダリングも
1ミリ単位で繊細に調節して踏む。

樹原先生がそうやって演奏されるピアノは

感動のあまり涙が出そうなくらいに
美しくて

わたしの耳と心の奥深い場所にある
未知の扉が
開いたような気がしました。

しあわせな時間でした。
11:32  |  指導法・演奏法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.18 (Mon)

伝えるために必要なもの

教えるのが上手な先生方は

ステキな【ことば】をたくさんお持ちですよね。

ボキャブラリーが豊富。

ピアノ教えていると
様々な年齢の子どもたちに接するので

それぞれの理解度や成長に合わせて
ことばを選ばなくちゃならない。

そして
重要なことは

強い信頼関係を作っていること。

信頼関係という土台があってこそ

子どもたちは
わたしの【ことば】に耳をかたむけ
心で受け止めてくれるもの。

【ことば】をみがいて
強い信頼関係を作ることは
伝えるために必要なこと。

わたしが
ピアノ指導において
大切にしたいことのひとつです。
23:49  |  コーチング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.16 (Sat)

9年間のありがとう

昨日は
市立中学校の卒業式でした。

小1からレッスンを続けてきたHくんが
卒業式のあと
お母さんと一緒に
高校合格のお礼に来てくれました。

お礼なんてとんでもない。

わたしの方こそ
嬉しい思い出、楽しい思い出を
たくさんたくさんもらってきたので
ありがとうって思います。

Hくんと一緒に過ごしたレッスンの時間は
わたしの宝です♪


ピアノを通じて
子どもたちとたくさんの時間と思い出を共有できて
ホントにピアノ教えていてよかったなぁと思います♪

こちらこそ、ありがとう♪

高校に行ったら
一緒に音楽を勉強する仲間がたくさんできますね(^.^)

これからますます頑張ってねー!



ステキなお花も
どうもありがとう(*^^*)
18:28  |  生徒の成長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.15 (Fri)

子育ての極意?

子育ては楽しいけど
なかなか大変ですよねー。

わたしは、子育て歴14年です。

と胸はって言えるほどしっかり子育てしてきてないですけど…

いちおう
子育てで信念をもってることはあります。

それは
過不足ない睡眠と食事!

あたりまえのこと(^-^;



だけど

頑張ってるのに、うまくいかないなぁ
努力してきたのに、成果が出なかったなぁ

というとき

その原因は
睡眠や食事にあることが多い気がします。

…わたしの経験なんですけどね。

まず
睡眠時間が充分なこと
バランスよく食べることが基本!

だから
うちの息子は
テスト前だろうが
睡眠けずって勉強…とかしない。

潔く寝ます(笑)

睡眠や栄養が満たされていてこそ
活気ある生活ができると思うんです。

うちの子、いつも元気です♪

元気がいちばん!!
12:05  |  うちの子育て  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.14 (Thu)

科学的ピアノ指導法

今日は
博多に出かけて
【科学的ピアノ指導法】を受講してきました。

前回に続き
今日も貴重なお話がてんこ盛りで

わたしのちっちゃな脳みそは
今にも破裂しそうなくらいパンパンです!


わたしが日々
ちっちゃな脳みそで一生懸命考えたり
勉強したりしている理由は

よりよいレッスンをしたいから!!

これに尽きます。

科学的な知識を得ることは

限られたレッスン時間で
より大きな成果をあげるために

とっても役に立つと思います。

同じ内容を指導するのでも
子どもの発達に合った絶好のタイミングで教えるのと
そうでないのとでは

理解度、浸透度、修得のスピードに差が出る。

こんな風に書くと
お堅い感じがするかもしれないけど

ぜ~んぜん、まったく
そんなことはなくて

むしろ
生徒にとっては
ムダなエネルギーを使わず
成果が上がるので
ニコニコごきげんで上達していけると思います♪


ステキですね☆

今日学んできたことを活かして
レッスンの質をぐんと上げたいと思います(^-^)v

さて、唐津に着きました。

今からレッスンです♪
15:20  |  指導法・演奏法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.13 (Wed)

新しい出会いがまたひとつ

今日は講座に行ってきました。

講座終了後
レッスンの時間が迫っていたので

いつになくサッサと会場をあとにしました。

バスターミナルに向かう途中で
講座でご一緒だった先生が声をかけてくださいました。

少ししかお話しできなかったけど

その先生のレッスンへの熱い思いが伝わってきました。

もう10年以上もバスティンメソッドを勉強されているそうです!

大先輩だッ!!

嬉しい、とても良い出会いでした。

今日の講座は連続で
明日もあります。

また明日お会いしましょうと言葉を交わしました(*^^*)

明日の楽しみが増えました♪


今日の素晴らしい出会いに感謝☆
22:36  |  ヒトリゴト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.05 (Tue)

涙、寸前!

毎週
お母さんと一緒にレッスンにやってくる
年中さんのSくん。

いつも元気いっぱいでニコニコで
言いたいことも自分でしっかり言えます。

今日は
レッスン室にひとりで入ってきました。

お母さんの姿がありません。

Sくんにたずねると
お母さんは用事で
今日はひとりでレッスン受けるとのことでした。

そのことを話すSくんの顔は
今にも洪水が起こりそうな半べそ顔。

これは
いったん涙がこぼれたら止まらないかも
と思い

明るさMAXで
『えらいねー!ひとりでできるんだね!
さすが、ゆりぐみさん!!』

と彼のプライドに訴えかける作戦で
乗り切りました。

いつもと変わらない元気なニコニコ笑顔でレッスンしてましたが
途中、『お母さんお迎えまだかなぁ』と2回ほど
しょんぼりつぶやいておりました(笑)

『お母さんに上手にできたよ!って言えるようにがんばろうねッ』と励まして
Sくんの笑顔をなんとかキープ。

無事に30分のレッスンを
ひとりでやり遂げました♪

お迎えに来たお母さんから
泣かないでレッスン頑張れたことをほめてもらって
満面の笑顔になってました(^-^)

帰り際
『頑張ったから、おうちに帰ったらお母さんに抱っこしてもらわないかんねー』
とわたしが言ったら

力強く『うんッ!』と言って帰っていきました(*^^*)

わたしは
今日のSくんの様子を見ながら
こないだ勉強した
エリクソンの"発達課題"を思い出しました。

小さい子どもにとって最重要他者は
お母さんなんだということが
本当によく分かりました。

頑張っているところを
だれよりも
お母さんに見ていてほしい!
お母さんにほめてほしい!

今日はお母さんが見ていなかったけど
レッスンしっかり頑張れたから

きっと
Sくんは自信を得て
大きく成長できたと思います。


そして、もうひとつ思い出したことが。

うちの息子が
保育園の登園初日
泣くどころか
わたしを振り返りもしないで、さっさと教室に入っていったこと。

もう10年以上前のことですが
なんだかなぁ…

忘れもしない
あの日の息子の背中(笑)

Sくんのお母さん、いいなぁ♪
ってちょっぴり思った今日でした。
23:33  |  生徒の成長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |