2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.06.14 (Thu)

自分で読めて弾ける力がついてます!

吉田知佳ピアノ教室です。



Hちゃんの演奏です。

自力で読んで、ここまで弾けるように練習してきてくれました♫

スラーやスタッカートの指示もよく見て
臨時記号も間違えずに弾けました。

ほかの宿題の曲もよく弾けて
聴唱やメトロノームのテンポに乗っての音符読みもバッチリでした。

妹のMちゃんのレッスンの間も
3音音符カードを何十枚も読んで待っていました。

練習量に応じてもらえるピアノのお金を貯めて、プレゼントを買うのを楽しみに頑張っているHちゃん。

目標のプレゼントまで、あと少し。

また、たくさん練習してどんどん上手になって
プレゼントもゲットしてね(^^)


友だち追加

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪


スポンサーサイト
07:11  |  生徒の成長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.12 (Tue)

感激の瞬間!

吉田知佳ピアノ教室です。

お子さんの成長に感激する瞬間は
ステージだけではないですよ。

むしろ、日々のレッスンの中に
その瞬間があります。

昨日は、バンビーノコースのTちゃんが
感激の瞬間をたっぷり味わわせてくれました。

ありがとう‼︎

やっぱり、教えていて
この瞬間が何より嬉しいです。

昨日は、絶対音感のハタトレーニングから
調子が良かったTちゃん(^^)

音楽の聞き分け、表現もバッチリできて

いつも恥ずかしがって、なかなかやってくれないお返事も上手にできたので

とっても嬉しかったです♫

リズム聴音もとても上手にできました。

反応がイマイチという時も
お母さんも根気よく見守ってくださり

コツコツ積み重ねてきたものが
こうして形になって表に現れる瞬間は
たまらない喜びです。

今日はこれから、初めてピアノに触れる小さなお子さんのための指導の勉強に出かけます。

どんな順序でどんなアプローチで教えたら
小さなお子さんが楽しく無理なく学びを吸収していけるか。

幼少期のレッスンで何を教えるかで
その後のレッスン、ピアノの成長は大きく変わります。

また、新たな発見、深い学びを楽しみに行ってきます♫





友だち追加

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪


07:40  |  生徒の成長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.03 (Sun)

ビデオ撮影のゴールは?

吉田知佳ピアノ教室です。



毎月撮っているレッスン記録。

レッスンしている中から、どれか選んで弾いてもらいます。

やり始めた頃から比べると
全体的に、練習量や質がレベルアップしました。

撮り始めたころは
「来週、ビデオ撮るからね」と告知をしてましたが
最近は、あんまり言わない。

お便りでお知らせしているだけなので
たぶん、子どもたちは忘れてるか、知らないかです。

子どもたちにしたら、突然のビデオ録画。笑

それが、かえって良いのかもしれませんね。

いつ撮られても大丈夫なくらいには
いつも練習してきてくれます。

練習すればするほど
当然、レッスンの内容もレベルアップしていきます。

「どうにか最後まで弾けた」で合格するのか
音色や表現、理論まで理解して合格するのか

一曲一曲の中味が変わっていけば
自ずと、音楽を深く味わう力となります。


ビデオを撮るのは
別に、ビデオを撮りたいわけじゃなく

その先にある、ピアノの上達やピアノを弾く楽しさ
ピアノが人生の彩りとなることをめざしています。

その道のりは、山あり谷ありですが
山も谷も一緒に味わいつつ歩んでいけたらいいな♫


友だち追加

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪



06:40  |  レッスンへの思い  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.01 (Fri)

ミュージシャンのことば

吉田知佳ピアノ教室です。

もうかなり昔、あるミュージシャンのインタビュー記事を読んで
心に残っている言葉があります。


僕は、歌詞で「切ない」という言葉を使わない。
作詞は「切ない」という言葉を使わずに
いかに切なさを表現するか、感じさせるかだ。

みたいなことを言っていて

それって、子育てにも通じるなと思いました。

「勉強しなさい」って言わないで
勉強させる。

「練習しなさい」って言わないで
練習させる。

そこに知恵をしぼる。

わたしは
一番は、親が子どものしていることに関心を持つことだと思います。

「練習しなさい」って言っても
子どもはお母さんが応援してくれてるとは思わないんじゃないかな。

「今日は、何の曲弾いてくれる?」

「昨日弾いてた曲、最後までまちがえずに弾けるようになるの楽しみだなぁ」

「なんだか難しそうだね、もうこんな曲弾けるの?すごいね」

そんな風に言った方がよっぽど練習するんじゃないかな、

「練習しなさい」って言われるよりも。


教室の保護者さんには
素晴らしいお母さんが何人もいらっしゃいます。

1回弾いたらシール1こ貼るとか

カードや指番号は
お家でお母さんも一緒にやって、お子さんと対決したり

お子さんと一緒に、演奏会に頻繁に出かけたり

レッスンで使わない楽譜もたくさん買って
まだ弾けなくてもその曲を一緒に聴いたり

それは、「練習しなさい」の言葉に変わるものです。


もっと小さなことでも

ドレミの表を貼っておくとか

いつもピアノのふたを開け、楽譜を開いて置いておくとか

できることはたくさんあります。

どんどんステージに出る機会を予定に入れるというのもいいですね。

直接「練習しなさい」って言うだけなら
わたしも、楽チン。

でも、
「楽すれば、楽が邪魔して楽ならず」です。

やっぱり
「楽せぬ楽が、はるか楽々」ですね。

いろいろ、工夫したり辛抱したりしながら育てていって
子どもが上手にできるようになったとき
本当に本当に嬉しいですね。

その時を楽しみに一緒に頑張りましょう♫



友だち追加

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪



06:14  |  レッスンへの思い  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.05.25 (Fri)

どうして練習しないの?

吉田知佳ピアノ教室です。

「練習しなさいって言っても練習しなくて困ってます」

保護者さんから、こういった声を聞くことがあります。

その時は
お子さんの年齢なども考慮してアドバイスをしています。

ですが、そもそも

「練習しなさい」って言われて
やらないのもまあ、普通っていうか…

子どもの頃
「早くお風呂入りなさい」とか
「さっさと宿題やりなさい」とか言われて

イヤな気持ちになったことありませんか?

頭の片隅には「やらなくちゃなぁ」って気持ちがあるので
言われるとちょっとおもしろくないんですよね。


子どもが練習しない時
イラっとする気持ち、分かります。

だけど、ちょっと
子どもの気持ちになってみる。

自分だったら、どんなこと言われたら
練習する気になるかなぁって。

「1回弾いたら、たかいたかいしてあげるよ」とか?

「練習済んだら、アイス食べていいよ」とか?

お子さんのやる気のツボにヒットするものはお母さんが一番分かるんじゃないでしょうか。


どうして練習しないの?って思ったら

子どもの気持ちになって考えてみる。

たやすいことではないかもしれませんが

「練習しなさい!」ってガミガミ言うより
楽しいと思います。

わたしもレッスンでは

いろいろ知恵をしぼって、自分に足りない分は勉強に行って知恵をもらって
あの手この手試しています。

あら~、この手は通用しなかったわという時もあるし

何をやってもダメな時もあるけど

どんどん次の一手を繰り出していくのを
楽しむくらいの気持ちで

ダメ元で色々試してみてはいかがでしょうか?


友だち追加

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪



06:25  |  練習サポート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT