2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.12.19 (Sat)

感動!で脳力アップ

吉田知佳ピアノ教室です。

レッスン効果を高めたいとの思いから
発達心理学や脳の勉強をしています。

コーチングの勉強もそうですが
どれもピアノの内容とは直接的な関係はないようで

実はレッスンに大いに役立ちます。

今日は、脳の話。

感動して心が動くと、理解力が高まるそうです。

わたしはレッスンで生徒の成長に感動する時がたくさんあるので
もしかしたら、脳力がアップしてるかもo(^▽^)o


わたしのことは、さておき
レッスンでは生徒の脳力がアップしたらいいなと思うので

わたしは生徒の心を動かさなければ‼︎


感動は大きな感動でなくても

何か新しいことを学んで

「面白いなぁ」
「すごいなぁ」

と心が動くだけでも理解力アップの効果があります。

わたしは息子の教育にも
けっこう、このテクニックを使ってました。

ピアノに限らず
子どもの教育で「心を動かす」ことをいつも意識していると
教育効果が高くなりますよ。

わたしも感動しながら、勉強していこう♪

寄る年波には…負けないぞ♪

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪



スポンサーサイト
22:24  |  心理学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.03 (Thu)

幼児期の発達に合わせて

唐津市和多田の吉田知佳ピアノ教室です。

こないだ、3歳の甥っ子と電卓で遊んでました。

今、彼の中では数字が流行ってるようです。

電卓で2桁の数字は読めるから
3桁を教えました。

108とか、405とか打って読むだけ。

読めるようになってきっと嬉しかったんでしょうね~

「もう一回、もう一回」と何度もやりたがります。


子どもは同じパターンを繰り返すのが好きです。

同じパターンの中で小さな違いを見つけるのも得意。

ピアノのレッスンもそんな幼児期の発達に合わせて進めていくと

とてもスムーズに進み
脳の働きがどんどん発達していくのです。

バスティンメソッドは
そんな幼児期の発達に合わせて進んでいきます。

導入期から全調で弾くのも

先に述べたパターンの繰り返しの中で
調性による雰囲気の違いを敏感に感じ取ることができるという幼児期の特性に合っています。

レッスンしていても
全調で弾く曲からやりたがる子がとっても多いです。

子どもにとって面白いからですね。

じゃあ、好きなことだけやってればいいのかということではなくて

時期を見て
バランスよく子どもの発達に合わせて進めて

子どもも親も先生も幸せなレッスンをしたいですね。

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪


23:36  |  心理学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.28 (Wed)

心理学は奥深い

唐津市和多田の吉田知佳ピアノ教室です。

先日、心理学の勉強に行ってきました。

いつもの発達心理学とは別のです。

勉強のためにとクライアントさんの了承を得て
実際のカウンセリングも見せてくださいました。

わたしは生まれて初めてカウンセリングを見たので、圧巻でした!

実際のカウンセリングはマニュアルやテクニックだけではできないのだなぁと感じました。

クライアントの方がカウンセリングを受けて問題を解決していく過程は
心が痛みます。

わたしは見ていて涙がこぼれそうになりました。

自分の心の傷と向き合うのですからね。
痛いですよ、やっぱり。


わたしは心理カウンセラーを目指しているわけではなく

ピアノを教えるうえで
子どもたちの心を大切にしたいという思いで
ほんの少し勉強しているだけですが

ピアノ教師としても
一人の母親としても人間としても
学びの多い時間でした。


ふだんは、ピアノのセミナーばっかりですが
こうして別の勉強をするのも
視野が広がっていいですね。

今年も残り2ヶ月あまりですが
コンクールとグレード検定を控えています。

わたし自身も12月には試験を受験する予定なので

また新鮮な気持ちになって気合が入りました!

体験レッスン受付中です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください♪


21:19  |  心理学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.18 (Thu)

今年最後の…

唐津市和多田の吉田知佳ピアノ教室です。

今日は今年最後の発達心理学の講座でした。

今年もたくさん
新しい知識と気づきを得ることができて

幸せいっぱいです。


いつだったか

どうしてこの講座を受けようと思ったの?

と、先生から尋ねられたことがありました。


理由はないです。直感です。

この講座を知った時には
発達心理学がどういうものかも知らなかったけど

まるで生まれる前から決まっていたことのように
自然に受けようと思いました。

約2年近く講座に通ってきて

直感は間違いなかった!

わたしにとって必要な勉強だったんだ!

と感じています。

この講座で学んだ知識や気づきは
わたしの人生にとって
大きな助けであり、進化に繋がっています。


今日はやる気に関わる大切な話もありました。

とても興味深い内容でした。

年末に帰省する息子にも
必ず今日の話を話したいと思います。

もちろんレッスンにも活かしていきます。

息子にも生徒たちにも
幸せに生きていってほしいので

今年最後の講座も
たった2時間とは思えないほどの深くて濃い話で
今日もバッチリ進化できました。









00:10  |  心理学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.06 (Mon)

経験→感覚→自信

ホント落ち着いたかと思ったら
エーッΣ(゚д゚lll)とか
ハァーッ⁉︎( *`ω´)とか
あ~あ(T ^ T)とか
次々とね…

でも慌てない~
きっとベストポジションにたどり着けるよね~

この緩さは、かつてのわたしにはありませんでした。

前のわたしなら
想定外のことが起きたときに
なんとか予定どおりに戻そうとして
起きたことに必死に抵抗していました。

でもレッスンで子どもたちと過ごす時間とか子育ての中で
イロイロ経験して
ままならないことにたくさんぶつかってきて

なるようになるってことを
感覚で分かるようになった。

根拠など何一つないけど
大丈夫って自信がある。

あ!これか!
経験が感覚を育み自信に満ちる。

ピアノも同じです。
たくさんの曲を仕上げていく経験を積んで
どのくらい練習したら弾けるようになるとか
どんな練習方法したらスムーズに進むとか分かるようになります、感覚で。

そうすると
新しい曲に取り組むときに
自信を持って取り組める。


その繰り返しをしながら
自信はだんだん雪だるまを転がしていくように大きく育っていきます。

本番も。
何度も舞台数こなしてる子だって
毎回、初めてのステージのときと同じくらいドキドキしてるはず。

でも落ち着いて抜群の集中力を発揮できたり、いつも通りに弾けたりするのは
やっぱり経験の賜物。

緊張することも
緊張の中でベストを尽くすことも
感覚で知っている。

いつもいつも成功ばかりではないです。
準備不足で臨んだことも失敗も挫折も含めてすべての経験が
感覚を育み自信を育てるんですよね。

これはピアノ以外の場面でもメリットが大きい。

ピアノで得た自信は
ピアノだけに限った自信じゃないんですね。

自分という個性に対する自信なんですね。

毎月通っている発達心理学の講座で

自信とは自分を頼ることのできるチカラであるとのお話がありました。

本当に心から納得しました。

レッスンでも
子どもたちが自分自身に自信を持って
ますますキラキラ輝けるように
心を尽くしています。

さてさて
吉田知佳ピアノ教室では
秋も体験レッスン実施中。

ピアノを通じて
わたしと一緒に
お子さんの自信を育みませんか?

お問い合わせはお気軽に♪

tomoka.piano@grupo.jp
00:50  |  心理学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT